ソリティア

デザインで選ぶ編集部おすすめブランド
婚約指輪と言ったらやっぱりこれ!
ダイヤモンドの輝きがまぶしいソリティアタイプ

婚約指輪の代名詞とも言える、ダイヤモンドを一粒だけ使ったタイプのリングです。
「ソリテール」とも呼ばれるこのスタイルは、シンプルなだけにダイヤモンドそのものの品質や輝きが際立ちます。
最近ではベーシックな6本爪タイプの他にも、リングにダイヤモンドを埋め込んだ爪なしのものや、
ひねりやカーブを加えたデザインなど、さまざまな「ソリティア」があるので、ぜひ見比べてみてください。

ソリティアデザインの婚約指輪おすすめブランド

ティファニー

Sample Image

引用元:指輪画像引用元:ティファニー公式サイト
http://www.tiffany.co.jp/

ティファニー® セッティング
一世紀以上前の考案以来、ティファニー® セッティングは、世界中の女性から支持されている婚約指輪のひとつです。リングの中のリング、そう呼ばれてきた、美しい輝きを放つリングです。

婚約指輪の王道ともいえるクラシカルなソリティアリング「ティファニー・セッティング」を世に送り出したブランドとして知られ、日本でも大人気。
婚約指輪を購入するとなったら、真っ先に訪れる人が多いでしょう。 他にも4本爪でスクエアカットやクッションカットのダイヤモンドをセットした「ルシダ」や「ティファニー・ノヴォ」、センターの周りをメレダイヤで二重に取り囲んだゴージャスな「ソレスト」など、ダイヤモンドの美しさを堪能できるデザインが揃っています。

詳しく見る 》

エクセルコ ダイヤモンド

Sample Image

指輪画像引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/

Excelsior
輝きを受け継ぐもの。エクセルシア。センターダイヤモンドの真下に小さいダイヤモンドをセッティング。光が台座に反射して美しさが際立ちます。

ダイヤモンドの品質とカット技術に絶対の自信を持つ「エクセルコ ダイヤモンド」の婚約指輪は、やはりソリティアタイプがメインです。
「ビュー・シャトー」は、異なるカッティングのダイヤモンドを使用し、リングの一つ一つをプリンセスに見立てたストーリー性がロマンチックなシリーズ。 男性は彼女のイメージに合わせて選んであげてはいかがでしょうか?

詳しく見る 》

4℃ブライダル

Sample Image

指輪画像引用元:4℃ブライダル公式サイト
http://4-bridal.jp/

エッジを効かせた完成度の高いV字ラインは、指を美しく表情豊かに見せてくれるデザイン。上質なプラチナがダイヤモンドの輝きを引き立たせる婚約指輪(エンゲージリング)。

特に若い女性に人気のアクセサリーブランド「4℃」のブライダルライン、「4℃ブライダル」の婚約指輪は、普段使いできそうなシンプル・カジュアルなデザインが特徴。
ソリティアタイプでも仰々しさはありません。 「4℃」の象徴でもある、リング部分が流れるような線を描くおなじみのSラインを始め、シーンを選ばずつけやすい印象です。

詳しく見る 》

女性の永遠の憧れであり、私たちの心をとらえて離さないソリティア・ダイアモンド。それでは、ここでは改めて婚約指輪の歴史をひもとき、ソリティアの意味と魅力について振り返ってみましょう。

ソリティアの意味

ダイヤだけに得られるもの

こうして見ていくと、婚約指輪を贈る風習が人々の間で定着し、さらにダイヤに特化してきた流れはわかりました。さて、ではなぜ指輪に「ダイヤ」のみが選ばれるようになったのでしょうか? しかも、ダイヤの中でもことのほかソリティアタイプが好まれる理由とは何なのでしょう?

ダイヤの特質

まず、ダイヤの硬さということが第一に挙げられます。揺るぎのない確固とした永遠の愛の象徴としてぴったりだと考えられたからなのでしょう。次に、ダイヤの無色透明性ということがあります。花嫁となる女性の清純さをあらわすのに最もふさわしい宝石だと考えられたからではないでしょうか。3番目に、ダイヤの高価さも理由です。婚約指輪が愛の証となった今でも、やはり「気持ちを金額に込めたい」「込められたい」という願いは続いているようです。

ソリティアならではの魅力

多くの石で飾るのではなく、世界にたった1粒だけの大きな愛の輝きをダイヤが最高に美しく見えるようにデザインされたのが、このソリティアタイプの指輪です。最近ではベゼルセッティングと呼ばれる日常的につけやすいタイプのものも選べますので、婚約時代だけに限らず結婚後も華やかな席などで一生使い続けたいものですね。

ソリティアリングを選ぶメリット

オーソドックスなデザインで安定した人気を誇るソリティアリング。婚約指輪に選んだ場合のメリットは大きく分けて4つあります。

フォーマルな場で使える

シンプルなリングに一粒の石を合わせるソリティアリングは、見た目がとても華やかで存在感抜群。ドレス負けしないので、友人や親戚の結婚式やパーティの席など、フォーマルな場所に身につけていくのにぴったりです。一生涯通じて「ここぞ!」という時に使える、とっておきのリングになるでしょう。

重ね付けしやすい

ソリティアリングはメインストーンを引き立てるために、アームに華美な装飾が施されていません。そのぶん他のリングとの重ね付けがしやすく、ファッションや好みに合わせて自由にボリュームを増やすことができます。

サイズ調整しやすい

石がひとつしか付いていないソリティアリングは、後から加工を施しやすい点も魅力のひとつ。結婚後に指輪のサイズが変わってしまった場合でも比較的簡単に調整することができるので、長期間にわたって愛用し続けることができます。

他のアクセサリーに加工しやすい

調整が利かないほどサイズが合わなくなってしまったケースでは、婚約指輪をネックレスやイヤリングなどに加工する人が増えています。ソリティアリングの場合、一粒石を外すだけで他のアクセサリーへ加工できるので、リングとして使えなくなっても他の形で生かせるところが利点です。

取り扱い時の注意点

ソリティアリングはフォーマルの場で活用できる点がメリットと説明しましたが、その反面、日常使いには向かないところが難点です。

石が突出しているソリティアリングは立て爪の部分が引っかかりやすく、家事をしていて食器などにぶつけたり、洋服に引っかけてしまったりする可能性があるからです。

その場合、食器や衣類に傷が付いてしまうのはもちろんですが、リング自体にも被害が及んでしまう可能性があるので要注意。ダイヤモンドは世界で一番硬い物質として知られていますが、実は結合が緩い部分(へき開面)があり、そこに平行に力を加えると割と簡単に割れてしまうのです。

その性質を活かして切断・加工することでダイヤモンドはいろいろなデザインに形作られるわけですが、条件さえ合えば日常生活でも破損しやすいということを忘れてはいけません。

そのため、ソリティアリングを選ぶ場合は特別な日や晴れの日だけ着用し、普段使いは避けた方がよいでしょう。

どうしても日常使いしたい場合は、石だけ外して日常使いしやすいデザインリングに埋め込むなどリフォームすることもできますよ。

ソリティアタイプは、ダイヤモンドの美しい輝きを楽しみたいという人におすすめです。
また、オーソドックスな婚約指輪として、やはり候補からは外せないでしょう。

「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選
  • 「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ