シンプル

テイストで選ぶ編集部おすすめブランド
カジュアルでもフォーマルでも、どんな場面にも合わせやすいシンプル系

婚約指輪がタンスの肥やしになっていだ時代は、とっくに過ぎ去りました。今やマリッジとの重ね着けを前提にした、セットリングも一般的になっています。
大切な指輪だからこそ、日常的に身に着けていたい。そんな方には、シンプル系の婚約指輪がおすすめです。二人で一緒にいること、そして指輪をつけていることさえ忘れる空気のような関係こそ、本当の愛の理想形なのかもしれません。

【シンプル系】お勧めの婚約指輪

銀座ダイヤモンドシライシ

ダイヤモンドリリィ

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/diamondlily.html

Diamond Lily
ダイヤモンドリリィー

ゆりの花をモチーフにデザインされた、シンプルな婚約指輪です。華美な装飾はないものの、リングの細さ・なめらかな動き・サイドビューのデザイン…。とにかく細かいディテールにこだわりぬいた、銀座ダイヤモンドシライシの逸品です。センターダイヤモンドを支える爪部分は、アシメントリーになるようにデザイン。高くダイヤモンドをセッティングし、より一層美しさを際立たせるデザインを採用しました。滑らかで柔らかく、指に身につけたときにつけ心地も格別。気品高く、シンプルでありながらも華やかさを感じられる、デザイン性の高い婚約指輪です。ゆりの花言葉は”純潔”。結婚の聖花でもあるゆりをテーマにした、大切な女性に送る特別なジュエリーではないでしょうか?。¥170,000~(税抜)

銀座ダイヤモンドシライシ

ラディアントデイズ

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/radiantdays.html

Radiant Days
ラディアントデイズ

”輝く日々”の意味をもつ、Radiant Days(ラディアントデイズ)。まるでこれから一緒に歩んでいく2人をイメージさせる、幸せと明るい希望を感じる婚約指輪です。空から降る注ぐ光をたくさん浴びてぐんぐんと育つ植物のように、2人の愛情を育み幸せな人生がおくれそうな印象を受けました。これまで以上に輝きに満ちた、幸せを印象させます。シンプルなデザインにこだわり、リングの動き・曲線美・太さも全て計算され、サイドビューからみたディテールの細かさに感動するカップルが多いのだとか。リングのラインから途切れることなく爪を支え、センターダイヤモンドのヌーディーなシルエットと煌めきをより一層深く感じられるでしょう。¥160,000~(税抜)

銀座ダイヤモンドシライシ

セントグレア

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/saintglare.html

St. glare
セントグレア

教会の明るさ・眩さを彷彿とさせるような、ダイヤモンドの輝きが印象的な婚約指輪です。教会の大きな窓から差し込む光のように、2人のこれからの未来を明るく照らし出してくれるような印象を受けました。教会をイメージしてプロデュースされている婚約指輪は、ディテールの細かさ・光をキャッチし、ダイヤモンドがより一層輝くようにデザイン。リングのサイドビューは、2人の人生が最も輝く瞬間を表現しています。どれだけ時がたっても、2人の愛と慈しみは色あせず、たとえどんなことがあっても寄り添っていけるようなデザインが印象的ではないでしょうか?指当たりはやさしく、リングのアーム部分はなめらかで柔らかく、身につけた時に女性の魅力をぐっと引き上げるデザインが特徴的な婚約指輪です。¥170,000~(税抜)。

銀座ダイヤモンドシライシ

ピースオブラブ

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/apieceoflove.html

A Piece of Love
ピースオブラブ

シンプルなデザインながらも、躍動感を感じるテイストが印象的な婚約指輪です。センターダイヤモンドのサイドに埋め込まれたメレダイヤモンドは、まるで互いの魅力を引き出すかのように寄り添います。センターダイヤモンド・メレダイヤモンドが集まりより一層輝きを放つ、シンプルさのなかにある貴重な美しさを感じました。これまで2人が作ってきた思い出とこれから作り始める新たなストーリーを胸に、喜びを感じながらも輝き続ける未来を描けそうです。アシメントリーで流れるようなデザインは、指を動かすたびに光をキャッチ。思わず薬指に目線を落とし、にっこりしてしまいそうなジュエリーです。¥200,000~(税抜)

銀座ダイヤモンドシライシ

ディアナディー

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/diana-d_slender_ptmer.html

Diana D
ディアナディー

月の女神”ディアナ”の名前にふさわしく、神秘的で美しい、銀座ダイヤモンドシライシが誇るシンプルな婚約指輪です。月の女神をモチーフに作られたデザインは、まるで月夜の水面に輝く月光のように、ダイヤモンドが深い輝きを放ちます。力強さよりも優しく。そして儚く凛とした美しさが魅力的なリングです。センターダイヤモンドをより一層美しく感じられるよう、サイドビューを施しています。シンプルなスタイルでありながらも、リング本来の美しさ・デザインの魅力・永遠に輝くダイヤモンドの儚さをぎゅっとつめた、パッと目を引く婚約指輪です。¥260,000~(税抜)

エクセルコ ダイヤモンド

オプティーク

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/optique.php

Optique
オプティーク

センターダイヤモンド1粒に想いをこめ、メレダイヤモンドや動きのあるリングデザインをあえて採用せず、シンプルさの中にある美しさを前面に表現した婚約指輪です。1粒のダイヤモンドが放つ輝き・煌めき・美しさは、エクセルコ ダイヤモンドだからこそできる、技術力や経験スキルだからこそでしょう。センターダイヤモンドを支える6本の爪は、全体に広がる輝きをコンセプトにデザイン。これからはじまる2人の未来を明るく照らしてくれそうです。サイド開口部からも光を取り込めるように設計しているため、ダイヤモンドの輝きを深く感じられるでしょう。シンプルなデザインでありながらも、存在感のある婚約指輪です。¥190,000~(税抜)

エクセルコ ダイヤモンド

エターナルガーデン

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/eternal_garden.php

Eternal Garden
エターナルガーデン

使用している宝石はセンターダイヤヤモンド1粒ですが、リングの上下部分にミル打ちを施している、シンプルでありながらもおしゃれなデザインが魅力的な婚約指輪です。エクセルコ ダイヤモンドならではのデザイン力は、思わず目を奪われてしまいそうだなと感じました。センターダイヤモンドを支える爪は、アイディアルラウンドブリリアントカットで仕立てられたダイヤモンドを美しく魅せるでしょう。リングの上下だけでなく、石座の部分にもミル打ちを施してあるのも魅力的。細かいディテールにもこだわり、繊細なデザインが女性の柔らかくてしなやかな指をより一層美しくなりそうな婚約指輪です。まるで庭園にある噴水が湧き出るような、幻想的で美しい空間をイメージしてしまうのではないでしょうか?¥ 210,000~ (税抜)

エクセルコ ダイヤモンド

エクセルシア

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/excelsior.php

Excelsior
エクセルシア

”より高く”を意味するエクセルシアの名のとおり、永遠に輝きを受け継ぎ年月が経つにつれて、より一層高い魅力と美しさを感じそうな婚約指輪です。ダイヤモンドの煌めき・輝きを最大限に引き出すために、あえてシンプルにデザインされています。ダイヤモンド1粒で勝負した、エクセルコ ダイヤモンド自慢の作品です。リングがセンターダイヤモンドに向かって、徐々に細くなっているため、より美しさを感じます。石座の中にはメレダイヤモンドをセット。光をメレダイヤモンドがキャッチすると、センターダイヤモンドの下から輝きを放つため、存在感とまばゆい光を感じます。シンプルさゆえに感じる美しさと気品のあるデザインが魅力的な、大人の女性にぴったりの特別な婚約指輪です。¥ 210,000~ (税抜)

エクセルコ ダイヤモンド

セレモニー

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/ceremony.php

Ceremony
セレモニー

柔らかい日差しがこれから始まる2人の晴れやかな未来を祝福するかのように、優しく愛おしいシンプルをテーマにしてデザインされた、エクセルコ ダイヤモンド自慢の婚約指輪です。リングに動きをだし、センターダイヤモンドを支えるように、ぴったりと寄り添ったデザインが魅力的。デザインは洋風の東屋”ガゼボ”をイメージしながらプロデュース。優しい絹の天蓋を感じるディテールは、上から見てもサイドから見ても印象に残るのではないでしょうか?全体にではなく、あえて指に馴染む部分にだけ施されたミル打ちもこだわりの1つ。デザインはシンプルでありながらも、細かいディテールやクオリティの高さにファンも多いのだとか。柔らかさとそっと丸みを帯びた、可愛らしくも優しい婚約指輪です。¥170,000~(税抜)

エクセルコ ダイヤモンド

リュミエテゥール

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/lumieretour.php

Lumieretour
リュミエテゥール

ヨーロッパの塔をイメージしてデザインされた、Lumieretour(リュミエテゥール)。天に向かって伸びていく様子は、まるで2人が幸せと明るい未来に向かって歩き出すような印象を受けるでしょう。ヨーロッパ建築の柱をモチーフにしたディテールには、仕掛けが隠されています。ダイヤモンドがキャッチした光がたくさんの輝きを放つように、爪の下部分に照り返しがついているそうです。ダイヤモンドの透明度はもちろんですが、より一層リングの魅力を出せる工夫こそ、エクセルコ ダイヤモンドの技術力とブランド力の高さなのかもしれないなと感じました。身につければ身につけるほど愛着が湧く、ずっと大切にしたい婚約指輪です。¥190,000~(税抜)

婚約指輪はシンプルなものが人気

飽きがこない正統派のリング

婚約指輪のデザインは、多種多様です。そのため「どれにしようか迷ってしまう」という方も多いでしょう。そんな2人には、時代や流行を問わず愛され続けているシンプルなリングがおすすめ。シンプルな婚約指輪は派手な装飾を控えたものが多いため、飽きにくく日常使いにもピッタリです。

また、素材を十分に生かせることも魅力と言えます。リングの真ん中にダイヤモンドを一粒あしらった「ソリティア」と呼ばれるデザインは、婚約指輪の定番です。

ダイヤモンドを引き立たせるデザイン

婚約指輪の主役は、なんといってもダイヤモンドです。「ソリティア」のようなシンプルなデザインのリングは、ダイヤモンドの美しさを一層引き立たせます。

次に考慮したいのが、ダイヤモンドのクオリティー。ダイヤモンドの評価基準は、4Cから構成されます。これはCarat(重さ)、Color(色)、Clarity(透明度)、Cut(研磨)の4つ。これらの要素を踏まえて、主役にふさわしいダイヤモンドを選んでみましょう。

シンプルなダイヤモンドのセッティング

爪ありか爪なしか

ダイヤモンドをリングに固定することをセッティングと言いますが、これには爪を使って留める方法と爪を使わずに留める方法の2通りがあります。

爪あり

いくつかの爪でダイヤモンドを持ち上げて固定する方法です。立体的なデザインのため、ダイヤモンドの輝きが際立ちますが、洋服などに引っかけやすくなるというデメリットもあります。

爪なし

爪を使わない方法は、洋服に引っかかりにくいため日常的に使いやすいです。しかしダイヤに光が入りにくく、ダイヤ自体が小さく見えてしまう点はデメリットになります。

ダイヤモンドのセッティングの種類

立て爪

爪を使って施される伝統的なセッティング方法です。複数の爪を使ってダイヤモンドを高く持ち上げます。使用する爪は、一般的に4本か6本。いろいろな角度から光が入りやすくなるため、ダイヤモンドがひときわ美しく輝きます。

カテドラルセッティング

爪でダイヤモンドを高く持ち上げるとともに、2本のスロープでダイヤの両脇を支えるセッティング方法です。見た目がとてもエレガントで、爪とスロープで支えられているためにダイヤモンドの安定性にも優れています。

伏せ込み

爪なしの一種で、シンプルなセッティング方法です。ダイヤモンドの周りを地金で囲み、リングに直接埋め込みます。高さがあまりないので洋服やバックなどに引っかかりにくく、デイリーユースにピッタリなデザインです。

ベゼルセッティング

ベゼルは枠や額縁を意味しており、台座や枠を使ってダイヤモンドをリングに固定します。爪なしの一種で、台座によってはダイヤモンドが高く持ち上げられるため、華やかでボリューム感のある雰囲気になるでしょう。

テンションセッティング

地金のテンション(張力)を利用してダイヤモンドをセッティングする方法です。地金でダイヤモンドを挟み込むため、まるでダイヤが浮いているように見えるデザインが特徴的。あらゆる方向から光が入り込み、ダイヤモンド本来の輝きを楽しめます。

はさみ留め

リングにつくった溝に、ダイヤモンドの縁をはめ込むセッティング方法。リングの側面から見れば、ダイヤ全体が見えるようにデザインされています。ダイヤモンドの直径に合わせて、リングの幅も太くなることが特徴です。

長く着けられるように耐久性を考える

普段使いするなら耐久性は重要

婚約指輪をいつまでも長く使い続けるためには、素材の耐久性を考えることも重要です。その点、指輪に使われる素材のうち耐久性に最も優れているとされるのがプラチナです。高価な素材ではあるものの、変色したり腐食したりしにくいため、婚約指輪の素材としてもよく使われています。

しかし、プラチナは純度が高くなると傷つきやすくなることには注意が必要です。長く使える指輪を手に入れたいのなら、他の金属と組み合わせて耐久性を高めているものを選びましょう。

シンプルな指輪は安く手に入ることもある

ハイブランドの婚約指輪で10万円を切るものも

「ハイブランドの婚約指輪は手が届かない」と諦めている方もいるでしょう。しかし、デザインがシンプルなものであれば、ハイブランドでも10万円未満で入手可能です。なかには、高品質の指輪を6万円代で販売しているメーカーもあります。

メーカーによって婚約指輪が格安になる理由

メーカー直販だから

卸売業者や小売店などを通さず販売されているため、中間マージンが発生しません。また、主にWEBショップなどで販売することにより店舗の維持費などもカットしているブランドも多いです。そのため、高品質な指輪を卸売価格で入手できます。

広告費を抑えているから

ネット販売や提携結婚式場での販売を中心にすることで、広告費を大幅カット。コストを抑えることで、低価格での販売が可能になっています。

素材によっては安くなることも

ゴールドはプラチナよりもやや安い

婚約指輪を安く手に入れたいなら、素材を選ぶこともひとつの方法です。プラチナに比べて、ゴールドのほうが価格は安め。素材のコストを抑えることで、より質の良いダイヤモンドを選択できるかもしれません。

また「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」など、豊富なカラーバリエーションを楽しめることもゴールドの魅力です。

チタンやパラジウムといった素材にも注目

リーズナブルな素材を探しているなら、チタンやパラジウムがおすすめです。チタンは金属アレルギーを起こしにくく、敏感肌の人でも安心して身に付けられます。カラーバリエーションも豊富で非常に軽いため、日常的に使いやすいこともメリットです。

パラジウムはプラチナ同様、白銀色の輝きを持ちます。軽くて着け心地も良いのですが、金属アレルギーの方は注意が必要です。

「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選
  • 「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ