リングや爪はどうする?

ここでは、婚約指輪の素材の種類、爪について説明します。

婚約指輪の素材を考える

愛する人からもらう、自分だけの大切な婚約指輪だから、素材や型にもとことんこだわりましょう。

  • プラチナ

    プラチナは、今や婚約指輪のスタンダードともいえる素材で実に85%以上のカップルが婚約指輪にプラチナを選んでいます。金同様、化学的に安定していて酸化しにくいことや、融点が1796℃と高いことから、「永遠に変わらないもの=愛」の証とされてきました。

    さらに、白く輝くその美しさから、ダイヤモンドを一番美しく見せるものである、という宝石家までいるのです。

    素材としても希少価値が高く、金に比べて高価というのも大きな特徴。相場はかなり変動しているので、翌月になったら先月よりも2割も高い…ということもあるので、購入のタイミングも気にした方が良いでしょう。

  • ゴールド

    昔から王侯貴族に愛されて来たのがゴールドです。婚約指輪の素材としても未だ人気で、プラチナに次いで2番目に選ばれている素材です。

    結婚指輪になると、10%以上のカップルがゴールドを選んでいます。婚約指輪でゴールドを選ぶカップルの多くが、ピンクゴールドやホワイトゴールド、イエローゴールドなどのカラーゴールドを選んでいます。

    結婚後もファッションリングのように気軽に毎日つけたい、という方がデザイン性の高いリングを選んでいるのでしょう。

  • シルバー

    ごくわずかですが、婚約指輪や結婚指輪の素材にシルバーを選ぶカップルもいます。

    多くの場合、自分たちでデザインするだけでなく自分たちで「手づくりのリングをつけたい」と彫金やリングづくりに挑戦することから、加工しやすいシルバーを素材に選ぶようです。

    とはいえ、銀は安定性が低く、柔らかいので変化しやすいので婚約指輪にするには注意が必要です。できればプロの指導を仰ぐようにしましょう。

  • チタン

    婚約指輪や結婚指輪にチタンを選ぶカップルもいます。金属アレルギーがひどく、プラチナ1000や24金でもかぶれてしまうけれども、指輪をつけたいというカップルが多いようです。

    チタンは他の素材に比べてアレルギーを起こしにくく、軽くてストレスがないため、アレルギーに悩む多くの人が利用しています。専門店ではダイヤの一粒リングなども販売しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪の爪を考える

婚約指輪のスタンダードがダイヤの一粒石です。爪は大きく分けて立て爪と丸みを帯びた爪があります。

立て爪はダイヤモンドが大きく見えて豪華な雰囲気になりますが、洋服などにひっかけてしまったり、傷がつきやすいのがネック。丸みを帯びた爪も、引っかかりはすくないものも、傷はつきやすくなります。

石を埋め込んだ爪なしタイプは、ダイヤの華やかさは少し失われますが、日常でもつけやすくなります。

価格と品質を兼ね備えたコスパで選ぶ
婚約指輪ブランド

●ダイヤモンドなどジュエリーの品質
●金属部分の品質・耐久性・付け心地
●保証などサービス
などを備えたコスパ優秀ブランドを厳選して紹介します。

1位 1位
平均価格
23万~55万円

画像引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式HP
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/saintglare.html

銀座ダイヤモンドシライシ

同じ予算でワンランク上のダイヤモンドが叶う

国内最大級のブライダルダイヤモンド専門店。イスラエルに20年に渡り有名な鑑定機関での鑑定経験を持つ鑑定士が常駐、高品質なダイヤモンドを仕入れています。9割が「輝き」の最高評価「Ultimate」を取得したダイヤモンドで、証明書も発行しています。360度どこから見ても美しいデザインが人気。
リング部分のプラチナは耐久性に優れたハードプラチナを使用、滑らかで指当たりの良い形状(内甲丸)に仕上げており、着け心地がよいと評判です。
無期限でメンテナンスをしてもらえる永久保証付きです。

2位 2位
平均価格
25万~45万円

画像引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式HP
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/ceremony.php

エクセルコ ダイヤモンド

世界が認めた品質がリーズナブルに

ダイヤモンドの理想形と言われる「ラウンドブリリアントカット」を100年も前に生み出したブランド。 ダイヤモンドブランドの格付け「United Brands Lists Top 10 Industry Brands For 2011」で世界1位を獲得するなど、その品質の高さは世界的に知られています。 婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cのカットで最高レベル(トリプルエクセレント)のもののみ。世界で初導入した「輝き」の証明書や、流通経路がわかるシステムも備えているので安心です。
リング部分に使われるプラチナも耐久性の高いハードプラチナ。着け心地を考えた仕上げが施されています。専門的な知識を持ったスタッフが、ふたりの希望に合わせたお値段のリングを提案。無期限でメンテナンスに対応してもらえる永久保証付きです。

3位 3位
平均価格
19万~38万円

画像引用元:アイプリモ公式HP
https://www.iprimo.jp/engagement/rings/spica.html

アイプリモ

若いカップルに人気のブライダルリング専門店

10万円台後半の婚約指輪のデザインが豊富で、選ぶのに困ってしまうほど。スタンダードな一粒ダイヤのソリティアからメレダイヤをあしらった普段使いできそうなリングまで揃っています。一つ一つに星や星座をモチーフとした名前が冠せられているのもロマンチック。ストーリー性を求める女性にはピッタリのブランドです。
メインのダイヤモンドにはカットにおいて最高評価のものを使用、1つ1つシリアルナンバーが刻印され、原産地も明らかにされています。生涯保証付き。

  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選
  • 「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ