素材で選ぶ編集部おすすめブランド

素材で選ぶ編集部おすすめブランド
エンゲージは一生身に着けるもの。
妥協することなく、素材にもこだわり選びましょう。

婚約指輪というと、ついセンターストーンのデザインや大きさに目が行ってしまいがち。でも、ストーンを支える金属素材が何なのかによって、全体としての印象はかなり違ってきます。全体の印象が違えば、着用するシーンも異なり、結果的には生涯における着用時間にも大きな差が出ると言っても過言ではありません。
初めて一生を誓い合う二人の記念品が婚約指輪。素材の質や色も十分考慮して選んでください。 どんな素材が一番良いのか、という結論はありません。婚約指輪は、他人と比較するものではなく、2人だけで選ぶもの。2人の価値観、世界観に合ったリング選びのためにも、素材ごとの基本的な知識をちょっとおさらいしておきましょう。

婚約指輪の土台となる代表的な素材を紹介

プラチナPlatinum

日本人の婚約指輪の85%を占める人気素材・プラチナ

日本人がもっとも好む婚約指輪の素材がプラチナ。変色がほとんどなく耐久性が高いため、ストーンとの相性にも変化が生じることはありません。デザインも豊富なため、好みに合ったリングに必ず出会えるでしょう。マリッジリングと重ね着けをしてもよく映えます。

ゴールドGold

3種類のゴールドの土台~純度100%のゴールド~

ゴールド100%のリングは、オーダーメイドでもない限り、存在しません。なぜなら、爪でも傷つくほど柔らかいから。他の金属を配合して強度を高め、かつ、その配合比率を変えることによってピンク、イエロー、ホワイトの3種のゴールドへと生まれ変わります。

ピンクゴールドPink Gold

かわいらしさと女性らしさが特徴のピンクゴールド

とてもかわいらしく、フェミニンな印象を漂わせるのがピンクゴールド。どちらかと言えばカジュアルな印象ですが、スタイリッシュな細身のリングであれば、フォーマルにも合います。日本人の肌色に近いため、実際に着用したときの全体感で選びましょう。

イエローゴールドYellow Gold

豪華な印象のリングにできるイエローゴールド

一般にイメージするゴールドより、少し色が薄め。明るい印象が特徴です。カジュアル素材と思われがちですが、センターダイヤモンドとのコラボによって婚約指輪らしいきらびやかなリングとなります。プラチナのマリッジリングとの重ね着けもお勧め。

ホワイトゴールドWhite Gold

プラチナの代替としても人気のホワイトゴールド

見た目はプラチナに似ていますが、プラチナよりも軽く、装着感が良いのが特徴。価格もプラチナの半値程度とリーズナブルなので、近年では急速に婚約指輪の需要が増えている素材です。プラチナよりも光沢が強く、エンゲージらしい華やかな印象。

シルバーSilver

カジュアルリングだけじゃない!シルバー

主にカジュアルなジュエリーの素材として知られるシルバー。石を含めたデザイン次第で、婚約指輪としても十分に利用できます。サプライズプロポーズで送る婚約指輪の素材としても一般的。日々の手入れをマメにすれば、変色もほとんどありません。

婚約指輪の土台となる代表的な素材によってどう違うのか

指輪の土台となる素材によってそれぞれ持ち味が異なり、印象が異なる指輪になりますので、好みと使い勝手を踏まえて選択しましょう。

プラチナ

“白金”と呼ばれているプラチナ。つまり、白く輝く、清楚で落ち着いた印象の素材です。派手な印象ではありませんが、一目でそれと分かる高級感のある素材でもありますので、一世一代の指輪の素材として見た目的にもぴったりではないでしょうか。

婚約指輪、結婚指輪に一般的に使用されるダイヤモンドはもちろん、他のどんな宝石とも相性が良いというメリットも。

変色、変質がしにくい素材であるため、長年使うには最も適しています。

お手入れも乾いた柔らかい布で拭いてやる程度でいいため、手間がかかりません。

ピンクゴールド

プラチナに次いで、婚約指輪、結婚指輪の素材として選ばれることが多いのがゴールド。その中でも、人気が高いのが、銅をゴールドに混ぜたピンクゴールドです。明るく、柔らかな色味になり、肌によくなじむ色なので、変に主張しすぎることなく、さりげなく指を飾ってくれます。

ダイヤモンドもよく映えますが、ピンク系の宝石と合わせるとその愛らしさが際立ちますから、甘い雰囲気のジュエリーがお好みの方にはおすすめ。

結婚指輪で使う際は、男性はイエローかホワイトか、別の色のゴールドを選ぶのも良いでしょう。

イエローゴールド

最もゴールドらしいゴールドなのが、イエローゴールド。明るい金色で、最も純金に近いです。変色しにくいのがメリットの1つですが、変色したとしてもそれが目立ちにくいので、常に着用する指輪の素材として適していると言えます。

見た目が華やかでパッと目立つ素材ですので、プラチナだけではなんとなくものたりないという方は、基本的なプラチナの素材に、一部イエローゴールドにしてある指輪もおすすめ。もちろん、イエローゴールドのみで思いっきり個性を主張した指輪も良いでしょう。

ゴールドはどれもプラチナよりも安価で、プラチナに準じるくらいの耐久性がありますので、プラチナでは予算オーバーだけどダイヤモンドにこだわりという場合もおすすめです。

ホワイトゴールド

外見はプラチナとよく似ていますが、プラチナよりぐっとお買い得で購入できるのがホワイトゴールド。

それから、プラチナよりも軽いという特徴もありますので、プラチナのような指輪がいいけど、着け心地を重視したい方にも良いでしょう。

プラチナ素材の指輪と同じようなデザインのものが多いと思いますが、素材で価格を抑えられますので、せっかくなら、その分、ワンランク上の宝石をあしらった指輪を選んでみるものおすすめです。

ただし、金属アレルギーの方は要注意。アレルゲンであるパラジウムを含む商品が多いです。

シルバー

結婚指輪、婚約指輪の素材としては、シルバーはピンとこない方も多いかもしれません。

しかし、シルバーはプラチナ、ゴールド以上に輝きのある素材ですから、独特の華やかさがありますし、加工がしやすので、個性的なデザインの指輪も多いです。

変色しやすい素材ですが、それもメンテナンスしておけば避けられることですし、変色してもきれいに落とせ、また元の輝きを取り戻すことが可能です。

シルバーは今回取り上げた素材の中で最もお手軽ですので、宝石にお金をかけたいという方にはおすすめです。

近年では、プロポーズ専用の指輪として安価なシルバー素材が選ばれています。

価格と品質を兼ね備えたコスパで選ぶ
婚約指輪ブランド

●ダイヤモンドなどジュエリーの品質
●金属部分の品質・耐久性・付け心地
●保証などサービス
などを備えたコスパ優秀ブランドを厳選して紹介します。

1位 1位
平均価格
23万~55万円

画像引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式HP
https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/saintglare.html

銀座ダイヤモンドシライシ

同じ予算でワンランク上のダイヤモンドが叶う

国内最大級のブライダルダイヤモンド専門店。イスラエルに20年に渡り有名な鑑定機関での鑑定経験を持つ鑑定士が常駐、高品質なダイヤモンドを仕入れています。9割が「輝き」の最高評価「Ultimate」を取得したダイヤモンドで、証明書も発行しています。360度どこから見ても美しいデザインが人気。
リング部分のプラチナは耐久性に優れたハードプラチナを使用、滑らかで指当たりの良い形状(内甲丸)に仕上げており、着け心地がよいと評判です。
無期限でメンテナンスをしてもらえる永久保証付きです。

2位 2位
平均価格
25万~45万円

画像引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式HP
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/ceremony.php

エクセルコ ダイヤモンド

世界が認めた品質がリーズナブルに

ダイヤモンドの理想形と言われる「ラウンドブリリアントカット」を100年も前に生み出したブランド。 ダイヤモンドブランドの格付け「United Brands Lists Top 10 Industry Brands For 2011」で世界1位を獲得するなど、その品質の高さは世界的に知られています。 婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cのカットで最高レベル(トリプルエクセレント)のもののみ。世界で初導入した「輝き」の証明書や、流通経路がわかるシステムも備えているので安心です。
リング部分に使われるプラチナも耐久性の高いハードプラチナ。着け心地を考えた仕上げが施されています。専門的な知識を持ったスタッフが、ふたりの希望に合わせたお値段のリングを提案。無期限でメンテナンスに対応してもらえる永久保証付きです。

3位 3位
平均価格
19万~38万円

画像引用元:アイプリモ公式HP
https://www.iprimo.jp/engagement/rings/spica.html

アイプリモ

若いカップルに人気のブライダルリング専門店

10万円台後半の婚約指輪のデザインが豊富で、選ぶのに困ってしまうほど。スタンダードな一粒ダイヤのソリティアからメレダイヤをあしらった普段使いできそうなリングまで揃っています。一つ一つに星や星座をモチーフとした名前が冠せられているのもロマンチック。ストーリー性を求める女性にはピッタリのブランドです。
メインのダイヤモンドにはカットにおいて最高評価のものを使用、1つ1つシリアルナンバーが刻印され、原産地も明らかにされています。生涯保証付き。

  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選
  • 「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ