テイストで選ぶ編集部おすすめブランド
二人だけの永遠の愛だからこそこだわりたい個性的なリング

他の人と同じような婚約指輪にはしたくない。そう感じている女性も多いようです。二人の愛は、二人だけに生まれた宇宙に唯一無二のもの。だからこそ、婚約指輪にもたった一つの個性を求める気持ちは、多くの人たちが共感することでしょう。
素材やデザイン、フォルム、そしてブランド性。婚約指輪に個性を求めるすべての女性のために、おすすめのリングを紹介。指輪選びのヒントになればと願います。

【個性的】お勧めの婚約指輪4選

ダミアーニ

プロミス

引用元:ダミアーニ公式サイト
http://www.damiani.com/jp/collections/promise-5/

Promise
プロミス

過去のダミアーニ史を飾った、自社ブランドの数々がモチーフ。これにより、Promiseに深い個性が生まれました。センターダイヤモンド包み込むようにデザインされたホワイトゴールド。リングの細部にまで熟練の技が垣間見える、ダミアーニの傑作です。
ダミアーニは、伝統をベースに置きながらも流行の最先端を取り入れるブランド。日本で言う、温故知新の精神からリングのデザインが生まれています。ゴールドにダイヤを載せたエレガントなリングから細身のシンプルなリングまで、幅広く女性の望みを形にしてきたブランドです。

ハリーウィンストン

クッションカット・マイクロパヴェ・リング

引用元:ハリーウィンストン公式サイト
http://www.harrywinston.jp/engagement/engagement-diamond-rings/products/cushion-cut-micropave-diamond-engagement-ring

Cushion-Cut Micropavé Diamond Engagement Ring
クッションカット・マイクロパヴェ・リング

細身のアームが特徴。センターに置かれた1カラットの石の周囲には、手作業で丁寧に一つ一つダイヤモンドが設置されています。価格は400万円以上と高額ですが、品質と手間に見合った価格でしょう。
ハリーウィンストンは、ニューヨーク生まれのハイジュエリーブランド。品質から必然絵的に生まれる価格は、高貴な女性を驚かせることもありません。世界中のセレブリティを魅了する「キング・オブ・ダイヤモンド」や素材、デザイン、技、どの側面から見ても世界最高水準を満たしているブランドです。

ショーメ

ビーマイラブ

引用元:ショーメ公式サイト
http://www.chaumet.jp/bridal-bee-my-love-ring-081980

Bee my love
ビーマイラブ

ビー、すなわちミツバチは、ショーメの歴史で大切にされてきたモチーフ。ここに婚約をかけて「ビーマイラブ」と命名されたのでしょう。ミツバチの巣を表す6角形をデザインに取り入れた個性的なショーメ新作。
ショーメは、ナポレオン皇帝御用達の名門ジュエラー。フランス革命の前夜に創業され、以来フランスの歴史とともにデザインを進化させてきました。一般的にはティアラで知られるブランドですが、無論リングも、ショーメをこよなく愛してきたヨーロッパ諸国の王室に応えるべく、気品ただよう多くの名作が生まれています。

カルティエ

ソリテール トリニティ ルバン

引用元:カルティエ公式サイト
http://www.cartier.jp/ja/%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC/%E5%A9%9A%E7%B4%84%EF%BC%86%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E5%A9%9A%E7%B4%84%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3-%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%B3/N4250600%20%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%20%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0.html

Solitaire Trinity Ruban
ソリテール トリニティ ルバン

カルティエの代表的ラインである「トリニティ ドゥ カルティエ」から生まれたソリテールリング。センターダイヤモンドを結ぶかのようにデザインされた1本のリボン(ルバン)が特徴的。二人の愛がほどけないよう、三つの輪でしっかりと留められた個性的なデザインです。
カルティエは、1847年に創業したジュエリーブランド。「宝石商の王」という異名をとり、ヨーロッパ各国の王室に御用達として仕えてきました。現代では一般的な「プラチナ素材+ダイヤモンド」のセッティングは、カルティエ発です。ほかにもカルティエは、ジュエリーの歴史的階段の数々を築いているのです。

婚約指輪は人とかぶらない個性的なものが素敵

婚約指輪は女性にとって大切な宝物

婚約指輪は、感動的なプロポーズシーンに欠かせないアイテムであり、世界中の女性の憧れです。また男性が女性に結婚を申し込む際に贈られるものとはいえ、プロポーズまでの一時的なものではなく、生涯残る大切な宝物でもあります。そのため人と被らない指輪を好む女性も多く、個性的なリングをオーダーする方も少なくありません。

個性的なデザインで差をつける

ブランドのテイストで決める

人と違ったレアな婚約指輪を探しているなら、個性的なデザインで知られるブランドで選ぶのもひとつの方法です。代表的なブランドをピックアップしてみました。

ケイウノ

約180人もの職人が在籍し、個性的な指輪が多く提案するブランドです。

トレセンテ

国際ジュエリーコンテストで入賞。優れた技術力とデザイン性が魅力です。

京都で生まれたブランド。日本の美意識を反映した独創的なデザインが特徴です。

オーダーメイドする

周りとは違う個性的な婚約指輪をつけたいなら、オーダーメイドもおすすめ。「オーダーメイドなんて難しそう」と感じる方もいるでしょう。しかし、コンシェルジュやデザイナーがプロの視点からアドバイスをしてくれるので、心配はいりません。婚約指輪のオーダー方法には、セミオーダーとフルオーダーがあります。予算や制作時間を考えて、自分たちに合った方法を選びましょう。

セミオーダー

素材とデザインをいくつかのパターンから選び、自分好みに組み合わせるのがセミオーダーです。フルオーダーに比べ制作期間は短くて済みます。

フルオーダー

世界で唯一のオリジナルリングを作るのがフルオーダー。デザイナーにデザインしてもらうところから始まりますので、時間はかかるものの、仕上がりの満足度は高いでしょう。

デザインを左右するダイヤモンドのセッティング

メレ

センターストーンの周りに小さなサイドストーンが添えられている、華やかなデザインです。オーダーでは、センターストーンとサイドストーンを好みのもので組み合わせることができます。バリエーションの豊富さがこのセッティングの特徴です。

パヴェ

フランス語で石畳を意味する「パヴェ」。その名の通り、小さなダイヤがまるで石畳のように敷き詰められた、ゴージャスで存在感のあるデザインです。センターストーンがあるものもあれば、ないものもあります。

エタニティ

リングの周囲に同じサイズのダイヤモンドが途切れることなく並べられています。永遠の愛を象徴しているといわれるデザイン。ダイヤがリングを全周している「フルエタニティ」と、半周ほどの「ハーフエタニティ」があります。

スリーストーン

3つのダイヤモンドがリングのセンターに配置された「スリーストーン」。それぞれのダイヤは自分の過去・現在・未来を表します。サイドストーンがないため、すべてのダイヤに高品質なものが使われることも多い、華やかなデザインです。

モチーフ

複数のダイヤモンドを散りばめて、花やハート、リボンなどの形を表現したもの。それぞれの「モチーフ」には、永遠の愛や絆などさまざまな想いが込められています。2人の想いにピッタリくるモチーフを選ぶと良いでしょう。

ダイヤモンドのカッティングにも個性的なものがある

個性的なダイヤモンドのカッティング

ダイヤモンドのカッティングで最もよく知られているのは、「ラウンドブリリアンカット」でしょう。しかしそれ以外にも、「ペアー」や「ハート」、「プリンセス」、「エメラルド」などファンシーカットと呼ばれる個性的なカッティングもあります。人と違った婚約指輪を選びたいなら、ファンシーカットのダイヤも検討してみても良いでしょう。

ペアー

西洋ナシ(ペアー)のような形をしたカット。涙のしずくに見えることから別名「ティアドロップ」とも言います。

ハート

究極の愛を象徴するハート型のカット。婚約指輪として選ばれることも多いカッティングです。

プリンセス

四角い形のカッティングです。チャールズ皇太子がダイアナ妃に贈った婚約指輪がこの形だったことから、プリンセスカットと呼ばれるようになりました。

エメラルド

「プリンセス」と同じく四角形のカッティングですが、真四角な「プリンセス」に対して、「エメラルド」は長方形になっています。ダイヤモンドの輝きが際立つカッティングです。

リングの素材で個性を出す

ゴールドのカラーで選んでみる

リングに使用されるゴールドには、3つの色合いがあります。ゴールドというイメージに近い色合いの「イエローゴールド」、女性的な色合いの「ピンクゴールド」、プラチナのような白銀色の「ホワイトゴールド」です。それぞれの特徴を踏まえて選びましょう。

イエローゴールド

金に銅や銀を混ぜた、純金のような金色の素材。ゴージャスでありつつ、カジュアルスタイルにも合うため、日常的に使いやすいのが特徴です。

ピンクゴールド

配合されている銅の比率が高い、優しいピンク色の素材。暖かみのある柔らかな色合いが、女性らしさを一層際立たせます。

ホワイトゴールド

金を基本とした素材に白銀色のメッキ加工が施されたもの。プラチナのような色合いで、他の宝石とも相性が良い素材です。

プラチナ×ゴールドのコンビリングで個性的に

単色でシンプルな素材を好む方も多いかもしれませんが、より個性を出すならコンビリングもおすすめです。プラチナとゴールドを組み合わせると、デザインの幅もぐっと広がります。

またコンビリングには2種類の色合いがあるため、トータルコーディネートしやすい、歳を重ねて好みが変わっても対応できるなど多くのメリットを持つのです。プラチナ好きでもゴールド好きでも満足できる、存在感抜群の個性的なリングを手に入れられるでしょう。

婚約指輪の総合ランキングはこちら
  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選

婚約指輪ブランド総合ランキング

第1位

エクセルコ ダイヤモンド

婚約指輪のデザインを見る 》
第2位

ティファニー

婚約指輪のデザインを見る 》
第3位

銀座ダイヤモンドシライシ

婚約指輪のデザインを見る 》

婚約指輪ブランド口コミ・特徴

  • カルティエ
  • ティファニー
  • アイプリモ
  • 銀座ダイヤモンドシライシ
  • エクセルコダイヤモンド
  • ラザールダイヤモンド
  • ケイ・ウノ
  • GINZA TANAKA
  • ブルガリ
  • 4℃ブライダル
  • スタージュエリー
  • トレセンテ
  • タサキ
  • 俄(ニワカ)
  • ミキモト
  • 杢目金屋
  • ヴァンクリーフ&アーペル
  • アンジェリックフォセッテ
  • ハリーウィンストン
  • ショーメ
  • グラフ
  • ロイヤルアッシャーダイヤモンド
  • ダミアーニ
  • ブシュロン
  • ルシエ
  • ピアジェ
  • シャネル
  • グッチ
  • ショパール
  • フォーエバーマーク
  • オレッキオ
  • ビジュピコ
  • カフェリング
  • FRED
  • Mariage
  • 和光
  • CHARIS
  • ヴィーナス・ティアーズ
  • クリスチャンバウアー
  • パヴェオショコラ
  • ブリリアンス
  • Only You
  • フェスタリア
  • AFFLUX

結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ