結婚指輪と婚約指輪の違いや意味

ここでは、結婚指輪と婚約指輪の違いや意味について考えています。

婚約指輪とは?

婚約指輪とはエンゲージリングと呼ばれるもので、「あなたと結婚の約束をさせてください」という婚約の願いや証として贈られるものです。

時には、男性がプロポーズの前に用意して「結婚してください」という言葉とともに贈る場合もあるようですが、最近では結婚の意思をお互いに確認してから二人で買いに行くことが多いようです。

ちなみに、男性から女性に贈られるのが一般的で、男性が婚約指輪をすることはほとんどありません。

価格としてはおよそ30~60万円くらいが相場で、ダイヤモンドをあしらったものが人気です。以前は「男性の給料の3カ月分」とも言われていましたが、今ではある程度負担のない範囲で購入されることが多いようです。

結婚指輪とは?

婚約を証明する婚約指輪に対して、互いが結婚すると誓った証として交換するのが結婚指輪、マリッジリングです。そのため、婚約指輪が女性しかつけないのに対し、結婚指輪は男性もつけるのが一般的です。

結婚指輪には、「私は既婚者です」とそれとなく対外的に知らせるという意味もあるので、アレルギーや仕事が危険等でない限り、基本的には毎日肌身離さずつけています。

結婚指輪は毎日つけるものなので、シンプルなものが好まれる傾向があります。婚約指輪との違いは予算にも現れ、だいたい1本10万円~、ペアで~30万円ということが多いようです。

お揃いのデザインにするほか、素材を違うものにしたり、石を入れる/入れないといったアレンジをするカップルも多いようです。

「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
  • ダイヤモンドの品質で選ぶおすすめブランド10選
  • おねだりしやすい価格で選ぶおすすめブランド10選
  • 二人だけのオリジナルデザインを求めるならおすすめブランド10選
  • 彼女にナイショで準備するならおすすめブランド10選
  • 「ダイヤモンドの品質」「価格」「デザイン」「ブランド力」で比較 婚約指輪の総合ランキング 結果はこちら
結婚後に婚約指輪をつけるのはどんなとき?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ダイヤモンドは品質重視。ダイヤモンドの4Cとは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
月収の3か月分!?婚約指輪の平均価格と平均カラット

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
世界に一つを叶える。オーダーメイドとセミオーダー

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ブライダル専門店の婚約指輪がもつ「4つの魅力」

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
ジュエリーショップを訪問する時の心得とは?

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more
エンゲージリングの人気の言葉。刻印・メッセージ文例集

婚約期間中はうれしくて身につけていた婚約指輪。ところがアンケート調査を行ったところ、半数以下の女性が結婚後は…

show more

サイトマップ